wordpressを丸ごと他のサーバーに引っ越しするプラグイン duplicatorの使い方

テストサイトから本番サーバーへ丸ごとwordpressを引っ越ししたい場合、こちらのプラグインが便利。画面の手順に沿ってクリックしていけば自動でwordpressの内容を丸ごと他のサーバーにコピーできます。下記に手順と注意点をまとめておきます。

duplicatorをインストール

プラグインの新規追加から「duplicator」を検索してインストール後有効化します。

パッケージの作成を開始

有効化すると管理画面のメニューに「duplicator」が追加されるので、こちらの「Package」をクリック。下の画面が表示されます。

画面右上にある「Create New」をクリックします。

パッケージを生成してダウンロード

ステップ1の画面で、右下の「Next」をクリック。

ステップ2ではシステムの自動スキャンが行われます。特に問題が無ければ、下記の画面が表示されます。下の「Yes. Continue with the build process!」のチェックボックスをクリックすると「Build」のボタンがアクティブになるので次に進みます。

注意一度dupulicatorを使って引っ越しした先のwordpressのバックアップを取る場合、
・database.sql
・installer-backup.php
・installer-data.sql
・installer-log.txt
・installer.php
上記のファイルを削除しないとエラーが出て先に進めないので、ftpなどで削除またはリネームします。

ステップ3ではパッケージが自動で生成されるので、少し待ちます。

無事パッケージが生成されました。「One-Click Download」をクリックして、「installer.php」とzipファイルをローカル環境に一度ダウンロードします。

これでパッケージの生成はひとまず完了です。次に引っ越し先のサーバーでの作業に進みます。

引っ越し先のサーバーに新規にデータベースを作成

サーバーの管理画面から、新規で空のデータベースを作成します。作成したら、以下の情報を保存しておいて下さい。

・データベース名
・データベースのユーザー名
・データベースのパスワード
・MySQL のホスト名

データベースの作り方がわからない!mysqlとか苦手!という人は

一手間かかりますが自動インストールが使える場合、インストールしたいディレクトリの下に新しくディレクトリを作成して、wordpressをインストールします(データベースの情報の確認用ですので、必ず後で削除する必要あり)。インストール後、ルートフォルダ内にある「wp-config.php」をテキストエディタで見て下さい。下の画像の様に・データベース名 ・データベースのユーザー名・データベースのパスワード ・MySQLのホスト名が書いてあります。これをコピーすればOKです。

自動インストールの手順

ftpなどで本番環境へ先程ダウンロードしたファイルをアップロードします。

注意アップロード先は、まっさらな状態でないとうまくインストールされません。必ず、上記の画像の様にダウンロードした2つのファイルだけにします。

installer.phpにブラウザ経由でアクセスします。下の画像の画面が表示されるので、「Next」をクリック。

先程保存しておいた
Host(MySQLのホスト名)
Database(データベース名)
User(データベースのユーザー名)
Password(データベースのパスワード)
をそれぞれ入力して、「Test Database」または「Next」ボタンを押します。

問題が無ければ自動でインストールが始まります。

自動インストール完了

無事インストールが終わりました。ログインID、パスワードも元のwordpressと全く同じものでログイン出来ます。

念のため各ページの崩れがないかやフォーム周りなどがちゃんと動いているか確認して終了です。

有限会社インセンス 神保部長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする